Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

英文契約書tips : Termination(解除)条項

Article _ Termination
(1) In the event of a fundamental breach of this Contract, prior to exercising its legal or equitable remedies, the non-defaulting party shall provide written notice to the party in breach requiring it to remedy such breach within sixty (60) days following receipt of such notice.

(2) Should the party in default fail to remedy such breach within sixty (60) days after receipt of such notice, or within any longer period as may be agreed between Parties, the non-defaulting party shall, without prejudice to its other rights and remedies under this Contract, be entitled to terminate this Contract forthwith upon notice either in whole or in part.

第_条 解除
(1)本契約に重大な契約違反がある場合には、法的あるいは衡平的な救済手段を行使する前に、不履行を起こしていない当事者は、契約違反の当事者に対して書面の通知を出し、その通知の受領後60日以内にかかる契約違反を治癒することを要求するものとする。

(2)契約違反の当事者が、この通知を受領後60日以内、あるいは両当事者間で合意するこれを超えた期間内にこの違反を治癒しない場合には、不履行を起こしていない当事者は、本契約に基づくその他の権利や救済手段を行使する権利を侵害することなく、本契約の全部または一部を通知後即座に解除することができるものとする。

Either party may, without prejudice to any other rights or remedies, terminate this Contract by giving a written notice to the other party with immediate effect, if the following events should occur:

(a) either party fails to any payment to the other when due under this Contract and such failure continues for more than fourteen (14) days after receipt of a written notice specifying the default;

(b) either party commits any material breach of any provision of this Contract which failure, if such a breach is remediable, remains uncorrected for more than thirty (30) days after receipt of a written notice specifying the default;

(c) either party files a petition in bankruptcy, or a petition in bankruptcy is filed against it, or either party becomes insolvent, bankrupt, or makes a general assignment for the benefit of creditors, or goes into liquidation or receivership;

(b) either party ceases or threatens to cease to carry on business or disposes of the whole or any substantial part of its undertaking or its assets, or;

(e) control of either party is acquired by any person or group not in control at the date of this Contract.

いずれの当事者も、以下のいずれかの出来事が発生した場合、その他の権利や救済に不利益を与えることなく、他の当事者に対して書面の通知をすることで、本契約を直ちに解除することができる:

(a) いずれかの当事者が本契約に基づき支払うべき支払を相手方に対して行わず、かつ、その不履行の書面の通知を受領後、14日以上不履行が継続すること;

(b) いずれかの当事者が本契約の条項につき重大な契約違反を行い、その違反が救済可能である場合に、当該不履行を記載した書面通知の受領後30日を超えても不履行が治癒されない状態が続くこと;

(c) いずれかの当事者が破産の申立てを行う、破産の申立てがなされる、いずれかの当事者が債務超過*1や破産となる、債権者のための財産一括*2譲渡を行う、管財人の管理下に置かれる、または会社清算手続に入ること;

(d) いずれかの当事者がその事業を停止する、停止することを示唆する、あるいは、その事業またはその資産の全部または主要な部分を処分すること、または;

(e) いずれかの当事者の支配権が、本契約の締結時点には支配権を有していなかった者や系列企業により取得されること。

Either party may, without prejudice to any other rights or remedies, terminate this Agreement by giving a written notice to the other with immediate effect, if any of the following events should occur:

(a) if either party fails to make any payment to the other when due under this Agreement and such failure continues for more than ten (14) calendar days after receipt of a written notice specifying the default;

(b) if either party fails to perform any other provision of this Agreement, which failure remains uncorrected for more than thirty (30) days after receipt of a written notice specifying the default;

(c) if either party files a petition in bankruptcy, or a petition in bankruptcy is filed against it, or either party becomes insolvent, bankrupt, or makes a general assignment for the benefit of creditors, or goes into liquidation or receivership;

(b) if either party ceases or threatens to cease to carry on business or disposes of the whole or any substantial part of its undertaking or its assets;

(e) if control of either party is acquired by any person or group not in control at the date of this Agreement.

下記のいずれかの事項が発生した場合、いずれの当事者も、相手方に書面により通知を与えることにより、他の権利または救済手段を失うことなく、本契約を即時解除することができる。

(a) いずれかの当事者が本契約上の期限が到来した相手方に対する支払いを怠り、当該不履行を明記した書面による通知を受領後、10暦日を超える期間にわたり当該不履行が継続するとき

(b) いずれかの当事者が本契約上の他のいずれかの規定の履行を怠り、当該不履行を明記した書面による通知を受領後、30暦日を越える期間にわたり当該不履行が是正されず継続するとき

(c) いずれかの当事者が破産を申し立てもしくは破産を申し立てられ、または支払不能もしくは破産に陥り、または債権者の利益のために包括的な譲渡を行い、または清算もしくは管財人の管理下に入ったとき

(d) いずれかの当事者が事業を営むことを停止しもしくはそのおそれがあるとき、または事業もしくは資産の全部もしくは重要な一部を処分したとき

(e) いずれかの当事者の支配権が、本契約締結日に支配下にない人またはグループにより取得されたとき

*1:「支払不能」とすべきでは?insolvencyには①債務超過、②支払不能、という二つの意味があり、①のことをbalance sheet insolvency、②のことをequity insolvency。米国における破産手続開始の要件としてのinsolvencyは②。

*2:「包括的」との訳を当てている用例も見つけたが、ここは包括譲渡とは限らないため「一括」「全部の」が妥当か。一部譲渡の場合は、partial assignment for the benefit of creditors。